« ラストオーダー | メイン | ただ今、第2話再構築中 »

■2006年03月11日

▼Silent Moon - Silent Moon-六つの月- 設定集1

まずは、メイド喫茶「SilentMoon」のメイド10人の設定を公開。
これで、シナリオを読む時に、ビジュアルが浮かびやすくなるでしょうか?(笑)



■凪姫 -Nagi-
本編の主人公。
メイド喫茶「Silent Moon」の駆け出しメイドで、キャッチフレーズは「癒しとドジっ娘が同居する天然系メイド」。
涙もろいが、芯は強い。
弥桜とは親友同士で、行動を共にする事が多い。
月の欠片「Harvest Moon」の加護を受け、6人の中で唯一の護りの力「紋章の防壁-Emblem Shade-」を使う。


■錦子 -Ginko-
メイド喫茶「Silent Moon」における、メイド達のリーダー的存在。
瞬時に状況を判断する能力に長けており、戦闘時には司令塔となる。
状況に応じて、2種類の戦闘服を使い分ける。(左のデザインは、通常モードのもの。)
月の欠片「crescent moon」の加護を受け、「真紅の旋風-Crimson Gale-」と「天空の雷槌-Zeus Thunderbolt-」の2つの力を使う。


■粉雪 -Koyuki-
メイド喫茶「Silent Moon」の看板メイド。
身長149cmの小さい体に似合わず、新米メイドにとって頼りがいのある先輩。凪姫の目標でもある。
戦闘時には、小さな身体を活かし、相手の懐へ飛び込んで戦う。
月の欠片「Waxing Moon」の加護を受け、凛華(Waning moon)との連携で繰り出す力「螺旋の遠矢-Spiral Arrow-」を使う。


■凛華 -Rinka-
メイド喫茶「Silent Moon」の看板メイド。
身長170cmの長身で、力仕事はおまかせ。
言葉遣いは悪いが、面倒見がいい先輩。
戦闘は、他のメンバーとの連携攻撃が中心。
月の欠片「Waning moon」の加護を受け、粉雪(Waxing Moon)との連携で繰り出す力「天使の光輪-Angel Halo-」を使う。


■ノン -None-
メイド喫茶「Silent Moon」の知能派メイド。
コンピュータに強く、戦術家。
しかし、基本は凪姫と同じくドジっ娘属性がある。
戦闘時は、多彩な技で皆をバックアップ。
月の欠片「Gibbous moon」の加護を受け、力そのものの性質を変える力「無限の装飾-Infinity Dress-」を使う。


■文 -Fumi-
メイド喫茶「Silent Moon」のお喋りメイド。
店内のムードメーカーでもある。
洋装より和装の方が好みらしい。
戦闘は苦手で、力は最後の切り札、が信条。
月の欠片「Dark moon」の加護を受け、6人の中で最大級の力「月光の陰影-Moonlight Darkness-」を使う。

■弥桜 -Mio-
メイド喫茶「Silent Moon」の駆け出しメイド。
明るく元気な性格だが、落ち着きがない所は玉に瑕。
凪姫の親友で、行動を共にする事が多い。

■相紅 -Milk-
メイド喫茶「Silent Moon」の縁の下の力持ちメイド。
メイド喫茶好きが高じてメイドとなった。
テキパキと動く姿と、細かい気配りが特徴。

■優妃 -Yuhi-
メイド喫茶「Silent Moon」の最年少メイド。
10人の中で唯一、月の加護に適応しない非戦闘要員。
その分、本来のメイド喫茶の店員として全力を尽くす。

■茉莉 -Mari-
メイド喫茶「Silent Moon」のベテランメイド。
錦子、五月と共にお店を立ち上げた初期メンバーでもある。
メイド達にとっての、母親的存在。

■メイド喫茶「Silent Moon」とは
 月の加護を受ける適性を持った人間が、メイドとして働くメイド喫茶。(ただし、優妃だけは例外で、その適性は持たない。その経緯は、第四夜にて。)メイド以外には、オーナー、店長、キッチンスタッフがいるらしい。
 店名は、『月の女神のメッセージ・プレート』に刻まれたメッセージの一部『静かなる月は、そこにある』から引用して付けられている。このプレートには、月の加護を受ける適性を持った者を惹きつける力があり、同時にそこから発せられる波動で闇に対する結界を形成する。

■「月の欠片」とは
 月光の女神の力が込められた欠片で、全部で六つ存在する。それぞれの欠片に適性のある人間を「月の欠片」自身が選び、月光の女神の力の一部を与える。このため、一人の人間が加護を受ける事ができるのは一つの欠片のみで、二つ以上の欠片の力を得る事はできないとされている。
 欠片に選ばれた人間は、その力を三段階で使う事ができる。
 第一段階では、その欠片を象徴する月齢の名を称える事により、欠片に込められた力が、その者がイメージする形の戦闘服として具現化される。
 第二段階では、欠片に込められた力がその者がイメージする技へと変換され、技の名を称える事により、攻撃や防御の形として発動する。
 第三段階では、再びその欠片を象徴する月齢の名を称える事により、欠片に込められた力のリミッターが解除され、続けてその力の名を称える事により技が発動する。技は月齢により異なるが、全ての月齢に共通の技として「天使の咆哮-Angel Howling-」という究極の技も存在する。

※この物語はフィクションです。実際の社会・団体・人物等とは一切関係ありません。
Copyright (c) 2006 Yull Togami. Magical-Kids. All rights reserved.

投稿者 戸神由留 : 2006年03月11日 16:14

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?


©2004-2007 Yull Togami. Magical-Kids. All rights reserved.