« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

■2006年12月31日

▼Information - ただ今、「西館ほ31a」で売り子中

すぐ近くの「ほ33a」には、
可愛いステキなメイドさんがいますよ(笑)。

投稿者 : 10:42 | コメント (0)

■2006年12月27日

▼Information - 年末予定

冬コミ初日~2日目一般参加、3日目サークル参加。
「西地区ほ31a」か「西地区ほ33a」のどちらかにいます。
(両方とも、友人のサークルのお手伝い。今回、戸神は申し込んでません。)

で、売り子さんの調整がつかなくて人手不足だそうで、
このままだと、3日目はサークルに釘付けになりそうな感じ。
誰か、売り子やってくださる心優しい方はいらっしゃいませんか?苦笑

投稿者 戸神由留 : 01:22 | コメント (0)

■2006年12月19日

▼Anime & SFX - 幕末機関説いろはにほへと

いや。めちゃくちゃ面白いっ!

時代劇系は基本的に観ない戸神だが、これは例外。
もう、見せ方が上手いのなんのって…。
監督のファンだからヨイショする訳じゃなく、
多分、監督名を伏せて観せられてもハマる。
だからこそ、ファンになる訳なんだが。

全体的に淡々と進む物語なのだが、
見せ場、山場が来ると、一気に盛り上がる。
しかも、ドラマチックに。
一気に盛り上がるもんだから、
観ている者に予測する隙を与えない。

アニメを、一番アニメらしく表現している作品だと思う。
(アニメである利点を、随所で効果的に使っているなぁと…。)

無駄に映像技術にこだわったり、
キャラばかりが目立って中身が希薄だったりする作品が多い中、
史実という縛りの中でこれだけ魅せる作品が作れるとは、
ただただ脱帽である。
「覇者の首」や「永遠の刺客」といったネーミングも耳当たりがいい。

まだ6話までしか観てないのだが、先が楽しみな1本だ。

投稿者 : 23:00 | コメント (0)

■2006年12月18日

▼+ e-maid - 541days

延べ541日。
お屋敷の成長期を駆け抜けて、夢姫さんが卒業した。
最後にかけた言葉は「これからもよろしく!」。

「さよなら」は使わない。
縁がある人とは、きっとその機会がある。
邂逅は、多分すぐそこに…。

とりあえずは、お疲れ様。
そして…Thanks!

投稿者 : 23:59 | コメント (0)

■2006年12月13日

▼maid cafe - あたらしいかぜ

旅立つ人あれば、出会う人もあり。

見慣れた風景がなくなるのは寂しい事だが、
その分、新しい風に触れる期待感もある。

白壁では、みっつの新しい風が吹き込んだ。
いずれも、印象は悪くない。
まだまだ吹き込む様な感じも受ける。

お屋敷にも、みっつの風が。
これまた、お屋敷らしい新しい風。
疾風の如く吹き抜ける風が多いお屋敷だが、
今度は穏やかにそよぐ風となるだろうか…。

季節が変わる様に、風景も少しずつ変わってゆく。
その景色を、記憶に刻んで…。

投稿者 : 23:00 | コメント (0)

■2006年12月07日

▼+ e-maid - とどめの一撃

今日、あまりにも突然すぎる卒業を知らされた。

初めて会った時には「モッチー(仮)」と呼ばれていたそのメイドさんは、
その日の内に先輩メイドから素敵な名前を授かった。

初対面から印象が良く、できないなりに出来ることを探して動いていた。
今では、そこになくてはならない存在…。
戸神の好みをちゃんと覚えてくれている、数少ないメイドさんでもあった。

聞く所によると、卒業の理由は夢への一歩を踏み出すためとのこと。
単に卒業ではなく、お箸の天使様や抹茶の天使様達と同じ空の下へ旅立つらしい。
偶然見かける事すらなくなるのかと思うと、戸神にとって、まさにとどめの一撃の卒業…。

やらずに後悔する位なら、やって後悔した方がいい。

戸神が信条にしている言葉。
それを体現する彼女に、「頑張れ」ではないエールを贈りたい。

18日まであと10日。
その間に、彼女のお給仕のひとつひとつを記憶に刻み込もうと思う。
そして、チェキへの返事も兼ねて「ウソツキっ!」って言ってやる!笑

投稿者 : 23:00 | コメント (0)

■2006年12月06日

▼+ MEL*CAFE - 柚子茶

最近、アウトばかりでありつけない。

どんどん理由が減ってゆく…汗。

投稿者 : 19:50 | コメント (2)

■2006年12月03日

▼+ raspberry dream - 夢の終わり

そんなわけで、ラストデーだった。

なんつーか、色々思う所もあるのだが、
落ち着いてから余裕があったら追記したいと思う。

で、その前に、SNS日記ではちょっと本音に触れてみるつもり。
(若干1名の関係者しか見れないけど…汗。)

投稿者 戸神由留 : 23:00 | コメント (0)

©2004-2007 Yull Togami. Magical-Kids. All rights reserved.