■2007年09月25日

▼訃報(T-T)

逢坂浩司氏が亡くなった。

つい先日、念願のVガンダムDVD-BOXを手に入れたばかり。
絵そのものが好きというわけではないが、
大阪のアニメアール出身と言うこともあり、
自分が好きなサンライズ作品に特に多く関わっていたので、
その点では決して無縁ではない方。

ボトムズ、ガリアン、レイズナー、サムライトルーパー、
Vガンダム、Gガンダム、ガンダム0083、エスカフローネ、
マクロスプラス、ブラックマジックM-66、カウボーイビバップ…。
挙げていくとキリがない。

癌らしい。
若すぎるよね。まだまだ先が期待できた方なのに…。
現在はボンズの取締役をされていたとのこと。

また一つ、アニメ界は貴重な才能を失ってしまった。
ご冥福をお祈りします。

投稿者 : 23:30 | コメント (0)

■2007年08月03日

▼コードギアス…

STAGE 24&25を見た……。


が っ か り だ !


話を思い出す意味で、
23話をもう一度観てから続けて観たのだが、
このクオリティの暴落ぶりは何…?汗

作画だけでなく、演出、構成までダメダメ。
しかも、あのラスト。
いかに続編があろうと、
「コードギアス 反逆のルルーシュ」という作品は
一応の完結を迎えるのだから、
最低限、エピソードの決着ぐらいはつけろよな…と。
最近、グレンラガンやMS IGLOO等、
出来のいい作品ばかり観ていたせいか、
余計にそう感じる。

あーあ…。
続編、ますます期待できなくなってきた…。

投稿者 : 00:00 | コメント (0)

■2007年04月12日

▼ちょっと嬉しかったこと

ばんざーーーーーーーーいっ!!
いや、半分諦めてただけに、めちゃめちゃ嬉しいっ!

ス カ ル マ ン
関 西 テ レ ビ 放 映 決 定 !

相棒に録画頼もうかと思ってたんだよね。
しかも、序章の実写版も放映してくれるらしい。
多少の遅れ放送なんて構わない。
観れないよりは、ずっとマシだし。
あとは、期待しすぎて中身が……でない事を祈るだけ。

あのマスク…作ってコスしたい…笑。
いや。その前にゼノンマスクを…!>相棒

そしてそして、やっと仮面ライダー剣のCD-BOXを入手。
しかも、中古ながら定価の半額で!
時期外れとはいえ、数量限定商品。
なかなか見つからなかったので、かなり嬉しい。

やっと、ベルトの動作音をケータイの効果音に設定できるよ。笑←そこかいっ!
いや。曲も好きなんだよ、曲も。
本編、1話も観てないけど…爆。

投稿者 : 23:00 | コメント (0)

■2007年04月08日

▼土日は引き籠もり(笑)

最近は、もっぱら自宅で映像鑑賞?。

現在の進行状況↓

・ウルトラマンメビウス:46話(やっと…あと4話+劇場版のみ)
・仮面ライダー電王:10話(これが一番進んでるかも)
・ゲキレンジャー:新番予告のみ(全話録ってるんだけど…)
・コードギアス:8.5話(何か知らんが後回しになってる…汗)
・いろはにほへと:19話(完結したので一気に観たい!)
・FLAG:6話(これも完結したので一気に観たいぞ)
・デスノート:未視聴(全話録ってるのに…苦笑)
・DARKER THAN BLACK:未視聴(とりあえず流れで録ってみた)
・グレンラガン:新番予告のみ(ほら、GAINAXだし…笑)
・ギガンティックフォーミュラー:新番予告のみ(来週放送開始)
・地球へ…:1話(面白かったので続けて観る予定)
・NIGHT HEAD GENESIS:未視聴(これも全話録ってるんだが…)
・リーンの翼:未視聴(これも全話…以下略)

うーん…汗。
いやそれ以前に、

・仮面ライダー剣
・仮面ライダー響鬼
・ウルトラマンマックス
・エウレカセブン

も全話録ってあるけど観てないし…爆。
HDDの中身だけでこんだけあるんだが、
DVDやビデオテープも入れたら……考えたくないな…苦笑。

どっかに時間、売ってませんかね?笑

投稿者 : 23:59 | コメント (0)

■2007年04月06日

▼最近、観たもの

休養を取りながら、色々観た。

・美少女新世紀GAZER(全話)
・APPLESEED
・南海奇皇(〜最終話)
・人造人間キカイダー THE ANIMATION(2話まで)
・ガンドレス 完全版

アニメ、特撮織り交ぜて、結構消化。
あと、PROJECT ARMSも着手しようと思ったが、さすがに52+1話は長いので見送った。

まだまだ未視聴が盛り沢山。
感想などは、気が向いたらその内に…。

投稿者 : 21:35 | コメント (0)

■2007年03月27日

▼南海奇皇-ネオランガ-

最近、未視聴作品を消化するのにハマってたり。
そもそも、DVDやLDで持ってるのに一度も観たことない作品が、もう数え切れないくらい…汗。
作品数でも相当だが、DVDに枚数換算したら、多分1,000枚以上は見てない映像があると思うぞ(核爆)。

そんな感じで、今もっぱら見てるのは「南海奇皇」。
確かオンエア時にも全話ビデオ録画したはずなのだが、当時は10話くらいまで観てストップ。
その後、LD全巻購入→一度も観ずに売却→DVDに買い換えしたものの、最近までずっと放置してのだった。
実は、DVDに買い換えた時点で一度は観ようと思ったのだが、主人公の声がみやむーなので敬遠してた…苦笑。
(今はそうでもないが、その時点ではどちらかというと嫌いな声だった。)

いやー。おもしろいわ、コレ!

脚本が會川昇さんなので肌に合うというのもあるが、日常の中に突如現れた非日常を、上手く表現している作品だなぁと。
多少説教くさい内容もあるが、15分番組という変則的な時間枠の中で、毎回言いたい事がきっちり収まってるのがよい。

現在32話(全48話)。どう決着をつけるのか、実に楽しみだ。

これを観終わったら、同時期にリリースされた「KEY THE METAL IDOL」でも観るかな?

投稿者 戸神由留 : 02:18 | コメント (0)

■2007年03月03日

▼輝けるものたちへ

ふと思い立って、ウルトラマンティガのラスト(最終3部作)を観直した。

泣いた……!

何度観ても、同じ所で泣く。
ガタノゾーアに敗れ、石像に戻ったティガ。
ティガと共に深海に沈んだダイゴに再び光を届けるため、仲間達が奮闘する。
しかし、最後の望みを賭けた作戦も失敗…。
その一部始終をみていた大人達が絶望する中、世界中の子供達が声援と共に、右手の拳を振り上げ立ち上がる!
そこから発せられた光は、次々とティガのカラータイマーに流れ込み、ついにグリッターティガとして蘇った…!

人死には割と冷静に観る方なので、むしろこういうシーンで泣く事の方が多い。
何度も観てわかってるのに、何度観ても涙が出てくる。

こういう作品、書きたいね。

さて、アレでも書くかな…。

投稿者 : 21:19 | コメント (0)

■2007年01月25日

▼平成ウルトラセブン

DVD自体は発売時期にリアルタイムで購入していたが、
観る時間がなくてずっと放置してたシリーズ。
年明けから少しずつ観て、やっとEVOLUTIONに突入。

・1994 二部作
・1998 30周年記念三部作
・1999 最終章六部作
・2002 EVOLUTION五部作

全部で16話だが、1話が45分以上と長いので、
実質3クール分(39話)程はあるんじゃないだろうか?

内容は、メビウスで整理されたウルトラヒストリーにははまらない、
一種のパラレルワールドとしての世界観で描かれている。
(発表は、本シリーズの方がメビウスより先だが。)
復活記念碑的な二部作から三部作を経て、
最終章ではセブンならではという重厚なテーマに挑戦。
旧作のテレビシリーズのエピソードを継承し、
そのanswer的なアプローチが多く見受けられる。

そして、その集大成とも言うべきEVOLUTIONでは、
物語はクライマックス直前の第4話からスタート。
あまりにも変わり果てた状況を先に見せつけ、
そこに行き着く経緯を遡って追って行くという展開に度肝を抜かれた。
まだ2巻目までしか観ていないのだが、
徹夜してでも観たい衝動を抑えつつ、一晩1話を遂行中。

こう言ってはなんだが、ある意味、
メビウスがなかった方が良かったんじゃないかと思わせる程
「ウルトラセブン」という作品を突き詰めた作りで、
そもそも時代にそぐわなかった勧善懲悪ではないヒーローに、
30余年かかって、やっと時代が追い付いたとさえ感じさせられる。
描かれた全てを絶賛するわけではないが、
込められたメッセージ性には共感できる所が多い。

何よりも、カザモリ隊員役の役者がいい。
(三部作から登場し、ダン=セブンがその姿を借りて活動する。)
初期の頃は頼りなさげな、印象の薄いキャラだっが、
シリーズを重ねる毎に清閑な顔立ちとなり、キャラが立ってくる。
そしてEVOLUTIONでは、セブンが変身したカザモリではなく、
地球人としてのカザモリ自身を印象深く演じ始める…。
役者の成長=キャラの成長が見事に演出の一部と化した、
まさに5年にも及ぶ製作期間が生み出した副産物と言えるだろう。

あと3話。
旧作の役者がそのまま演じ続けたメビウスの世界に対し、
ストーリーをそのまま現すかの如く、新たな役者が演じたセブン。
はたして、どの様な結末が用意されているのか?
実に楽しみだ。

投稿者 : 20:32 | コメント (0)

■2006年12月19日

▼幕末機関説いろはにほへと

いや。めちゃくちゃ面白いっ!

時代劇系は基本的に観ない戸神だが、これは例外。
もう、見せ方が上手いのなんのって…。
監督のファンだからヨイショする訳じゃなく、
多分、監督名を伏せて観せられてもハマる。
だからこそ、ファンになる訳なんだが。

全体的に淡々と進む物語なのだが、
見せ場、山場が来ると、一気に盛り上がる。
しかも、ドラマチックに。
一気に盛り上がるもんだから、
観ている者に予測する隙を与えない。

アニメを、一番アニメらしく表現している作品だと思う。
(アニメである利点を、随所で効果的に使っているなぁと…。)

無駄に映像技術にこだわったり、
キャラばかりが目立って中身が希薄だったりする作品が多い中、
史実という縛りの中でこれだけ魅せる作品が作れるとは、
ただただ脱帽である。
「覇者の首」や「永遠の刺客」といったネーミングも耳当たりがいい。

まだ6話までしか観てないのだが、先が楽しみな1本だ。

投稿者 : 23:00 | コメント (0)

■2006年11月21日

▼FictionJunction YUUKA

最近、ちょっとハマってる。

「暁の車」が衝撃的だったので、
以降新曲を耳にする度、気に留めていたのだが、
近頃琴線に触れる曲が多くて嬉しい。

「Silly-Go-Round」や「nowhere」辺りがお気に入り。
明日発売の「荒野流転」もなかなか良さそう。

いい曲を聴くとアイディアも色々浮かんできて、いいよね。

投稿者 : 22:30 | コメント (0)

■2006年11月17日

▼デスノ・幕

読後感想。

ラストの月のみっともなさを、
作品自体がそのまま表現したような、
実にみっともない締め方だった…。

正直、がっかりだ。

*

あぁ…。
やっぱ、自分の琴線に触れる様な面白い漫画って、なかなかないな。

そんな訳で、今の所、漫画の楽しみは毎月19日だけだな。
(お!今月は明日発売だ♪)

投稿者 : 13:56 | コメント (0)

■2006年11月15日

▼デスノ

とりあえず9巻まで読んだ。
(6巻まで読んで止まってたんだよね。)

……………。

自分的には面白いと感じたのは2巻前後までだったのだが、
この辺りまで来ると、演出どころか話の運び自体が雑になってるなぁ…。

都合の良い装置やキャラ、設定まで出て来て、
結局いつものジャンプ漫画か…という感じ。

ま、最終判断は全部読み終えてからのつもりだが…、
うーん…この後、琴線に触れる展開になるとは思えん…汗。

投稿者 : 08:33 | コメント (0)

■2006年11月10日

▼LORD OF THE SPEED

仮面ライダーカブトの2ndエンディング、ゲット!

おーーーーーー、カッコイイっっ!!!

歌は加賀美なので、決してバツグンに上手いというわけではないのだが、
歴代平成ライダーの役者が歌った唄の中では、聴ける方ではないだろうか?

何よりも、曲が良いよ。曲が!

キャスト・オフっ!!

とか叫んで、ダッシュかましたくなるな(笑)。
カラオケの持ち歌決定っ!

投稿者 戸神由留 : 21:27 | コメント (0)

■2006年11月06日

▼頑張って色々観てたり…

最近観た映像作品の感想など…。


■機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-

………なんじゃ、こりゃ……orz

実は、ZのTVシリーズは全編通して観た事がなかったりする。
だからこそ、先入観なしに評価できるかと思っていたのだが、
エピソードが細切れ過ぎて、まるでドキュメント番組を観ているかの様だった。
(最初からドキュメントと銘打たれた劇場版ダグラムとは、雲泥の差。
中途半端…。)
何と言うか、富野監督の自己主張を見せ付けられただけで、
作品としての読後感みたいなものは何一つ残らないという感じ。

映像技術や個々の演出にこだわりすぎて、
全体の流れが解りにくくなっている感がある。
この作品に限らず、最近、そういう傾向の作品が多い気がするのだが、
流行りなのか?

期待していただけに、がっかりな結果だった。(特に、ラストが…。)


■攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

こちらは逆に、期待以上。
あ!と思わせる演出が随所にちりばめられていて、
詰め込みすぎず、間延びせず、調度良い行間が設けられていて心地良い。
全てのエピソードが秀逸というわけではないが、
笑い男事件を描いた12話分は特に面白かった。

2nd GIGを観るのが楽しみ!

こういったシリーズものを、地上波でもっと放送してほしい。
(攻殻は地上波放送したものの、CS先行だったし…。
第3部は現時点でCSのみだし、ね。)


■ウルトラマンマックス

やっと観始めたのだが、前作ネクサスと比較して、
そこまで正反対をやるか…という位、正反対なテイストに仕上がっている。

子供にはウケるかもしれないが、過去のウルトラシリーズの持ち味を、
まるでなかった事の様にしなくても、と思うのだが…。
その影響か、全体的な設定のアンバランスさが目立つし、
何より、ウルトラマンに親しみを感じる事ができない。

人気怪獣やウルトラシリーズに縁の役者を出せばいいってものでもないだろうに、
そこばかりが目立ってしまっていて、かえって損をしている様な気も…。

まだ序盤なので、これからの展開に期待したいと思う。


*

時間がない割に、頑張って観てるかな?
まだまだ観てないモノが溜まってるので、ドンドン消化しないと…。

コードギアス 反逆のルルーシュ
デスノート
いろはにほへと
リーンの翼
機動戦士ガンダムSEED CE73 STARGAZER
仮面ライダー555
仮面ライダー剣
仮面ライダー響鬼
(はい。後ろ三つ、突っ込まない!
すっ飛ばしてカブト観てるけど、気にしない方向で…笑。)

他の未視聴DVDも入れると、こんなもんじゃないんだよなぁ…。
果たして、いつになったら全部消化できるのか…?汗

投稿者 : 09:38 | コメント (0)

■2006年10月28日

▼STAND ALONE COMPLEX

いやー面白いわ、コレ!
いや。面白いのは判ってるから買ってるんだが…。

とりあえず1st-11話まで見たが、
とにかく続きが観たくてしょうがない。
(忙しくて時間ないのに…。)
原作から掛け離れてて、これだけ面白いと思えるのも珍しい。

こういう、毎回はっきりした結末を描かずに、
観ている者に考えさせる余韻を残す作りって、最近少ないからなぁ…。
(X-FILEや全盛期の太陽にほえろの様な。)

キャラだけ、声優だけアニメばっかり量産してないで、
こういうテイストの作品をもっと作ってほしいなぁ…。

投稿者 : 19:21 | コメント (0)

■2006年10月23日

▼散財…

やっちまった……汗。

いゃあ、ストレス溜まってんのね。
またしても、DVD大人買い。
今回の戦利品↓

・攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 02-09,11巻
・攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG Official log 全2巻
・攻殻機動隊S.A.C. 公安9課ファイル
・新世紀エヴァンゲリオン リニューアルBOX
・機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛

えぇ、えぇ。攻殻機動隊祭ですが、何か?笑
2ndは1巻だけ買って放置してたのだが、
SSSも出る事だし、一気に補完してみた。
ヌケはあるが、かなり破格値でゲット。

エヴァは意外に思われるかも知れないが、
実は買ってなかったというオチ。
状態は美品とはいかないが、
欠品なしを定価以下で手に入れられたのはラッキーだった。

Zも、新品未開封が3割引とオトクな買い物。

ホントに欲しいモノってなかなか破格値では出会わないのだが、
まぁそれなりに上手い買い物ができてるかな…と。

次の大人買いは冬かな…?
ボトムズ、バイファム、GS美神、Vガンダム、ガンダムX
辺りが手に入るといいなぁ…笑。

投稿者 : 21:49 | コメント (0)

■2006年10月19日

▼FLAG、やっと観た

やっと第1話を見た。
大分前にダウンロードしていたのだが、
PCで映像観るのが好きではないので、
わざわざDVD-VIDEO化して大画面TVで視聴。
ダウンロードしたファイルのDRMを解除して、
MPEG2に変換→オーサリングと、結構面倒……orz。
ソースがネットTVでビットレートが低いから、
大画面で観たらブロックノイズがかえって目立つのだが、
そこはそれ、こだわりってヤツで…笑。

全体的な感想としては、まずまずかな?
まだ第1話しか観ていないが、ストーリーは好みな感じ。
ただ、ネット配信が前提のためか、はたまた予算の都合か、
画面の動きが少な過ぎる。
フォトジャーナリストが主人公だから演出も兼ねているのかもしれないが、
それにしても、もう少し位動きがあってもよさそうなもの。
CGのバンクシーンも長すぎるし、ホント、手描き動画が少ない。

加えて、主人公の声を当てている田中麗奈がダイコン。
女優としてはどうだか知らないが、あれなら新人声優を使った方がマシなのでは?
大々的な製作発表イベントを行った割に、
「アニメーション」としてはクオリティーが低い様に思う。

まぁ、その辺りを差し引いてもテーマがしっかりしているので、
作品の評価としては「まずまず」なのだが…。

とりあえず、前期6話分を観てからDVD購入を検討しようと思う。

投稿者 : 08:06 | コメント (0)

■2006年09月28日

▼継がれし光

今更ながら、ウルトラマンネクサスを観ている。
(理由は、録り貯め用HDDが満杯になって、
整理しないと収拾がつかなくなりつつあるから…汗。)

いわゆる「ULTRA"N"PROJECT」の一つとして製作されたテレビシリーズなのだが、
これまでのウルトラシリーズとは一線を画した設定・構成で描かれているため、
特に子供に受け入れられにくい仕上がりになってしまい、
物語中盤を待たずして37話での打切が決定、
3クールに入った直後から次回作の予告が流されたという不遇の作品。
しかし、世間的にいまひとつ評判の良くない本作だが、
自分はそれなりに楽しんで観ている。

平成ライダー的展開を狙ったと思われる点が随所に見られ、
そこがウルトラシリーズにはマッチしなかったという評価がある様だが、
前半(25話)まで見終わって感じたのは、むしろ別の理由。

キャラクターが浅いんじゃないだろうか?

実際、子供には難しいと言う意見のある設定も、
平成ライダーのファイズやカブトの方が難解に思えるくらい。
敵対関係の善悪がはっきりしている分、
ネクサスの方が相関はわかりやすく感じる。
しかし、感情移入のしにくいキャラクターが多く、
また直感的に分かりにくい描かれ方をしていたりと、
設定・展開に重点を置きすぎてキャラクターの扱いが軽い様に思う。
「なりきる」事で楽しむ子供には、魅力が薄く感じられただろう。

個々のエッセンスはよいものが揃っているだけに、勿体ない…。

後半(と言っても、たった12話だが…)は謎解きもあるみたいだし、
戸神が好きそうな演出も用意されてるようなので、
(児童誌のグラビアで先に目に入ってしまった…orz)
世間の評価は気にせず、楽しみたいと思う。

他人の評価がどうであれ、自分が面白いと感じればOK!

全部見終わったら、ネクサスの0話に位置する
劇場版「ULTRAMAN」のDVDも観ないと、ね。
(先日、やっと入手した。)

投稿者 : 23:59 | コメント (0)

■2006年08月06日

▼GOD SPEED LOVE

時間的余裕はあまりないのだが、せっかくの機会なので行って来た。

劇場版・仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

舞台挨拶付き。
天道と加賀美だけだったが、周りはめちゃめちゃ盛り上がってた。
どう見ても、子供向け映画の客層じゃなかった(笑)。

美味しかったのは、TV劇中の某シーンの生再現を演ってくれた所かな?
おそらくどの劇場でもやっているであろう「おばぁちゃんは~」と
「強いぜ、俺っ!」以外に、追加で一ネタ。
中身については、行った人だけのお楽しみって事で…(笑)。

帰りには、カブトがオロナミンCを配布してくれるというサプライズ付き。
(もちろん子供だけね。大人は、キャンペーンガールっぽいお姉さんから(笑)。)

さて、映画本編。

観てない人のために詳細は伏せておくとして、
全体的に詰め込みすぎ、掘り下げ足りない感が…。
しかし、TVとは別物の話という設定なので、
どのキャラクターもTVとは異なる新鮮な印象だった。

特に和樹は、ある意味カッコ良かったぞ!(某天使様への私信(笑)。)
ぜひ、でっかい画面で観てくる様に。

パンフはもちろん、DVD付きを購入。
しかし、通常版600円、DVD付2,000円って…。
とても、1,400円の中身があるDVDとは思えないのだが…(苦笑)。

投稿者 戸神由留 : 16:00 | コメント (0)

■2006年03月25日

▼期待の新作アニメ!「FLAG」

待ってましたっ!!
高橋良輔/原作・総監督、最新作「FLAG」。

本日スタートの公式サイトにあるトレーラーを早速観てきたが、

これは期待できる!!!

残念なのは、TVアニメでないということ。
DVD化されるまで、待つしかないのか…。
(PCでアニメを観るという事に、どうも慣れる事ができない…(苦笑)。
録画はPCなのに…(笑)。)

何にせよ、
エウレカが終わったら、また暫く観るアニメがないのか…と思ってたので、
楽しみ楽しみ。
(いや。エウレカも、録るだけ録って1話も観てないクセに…(爆)。)

「FLAG」公式サイト:http://www.flag20xx.net/

投稿者 戸神由留 : 14:23 | コメント (0)

©2004-2007 Yull Togami. Magical-Kids. All rights reserved.